Logoについて

1

中国文化の奥深さ表す漢字、「鼎」の抽象的イメージは中国節のテーマとぴったり。「鼎」の頑丈さと錆びない性質は日中交流の淵源関係と永続性を表します。

2

灯篭の部分は中国伝統の装飾要素とに日本の古典文化要素を融合し、中は文化の「文」をイメージした対称的な模様で日中文化交流と相互包容を象徴します。

3

「中国節」という三つの文字は東晋時代の書道 大家王羲之の書体 を用い、中国書道の最高峰を代表します。

4

CHIFESはCHINA FESTIVALの造語で「チェイフェス」を発音し、若者と距離を縮め、エンターテインメント性を増し、流行にのり易く、ブランドとしてのオリジナリティ要素も強調されます。

5

右下の図は独創的な中国結び表し、 人が八方から中心に向かった団結する一方、得られたネルぎーを世界へと広げる意味合いを込めています。

 

このロゴは、全体的にアート性の溢れており、 中国節のイメージにぴったり。重厚な歴史感覚とモダンな現体感覚をマッチされることで、文化的な厚みを感じさせ、アイデンティティがあり、応用性と波及効果があります。